8月限定!富小路通SALONで
「流しそうめん」

2019.8.14

夏の風物詩「流しそうめん」は大人も子供も盛り上がります。
「流しそうめん」の始まりは、暑い夏の野良仕事の際に野外で素麺を茹で、竹と冷水を利用し、冷たくして食すことで涼を得たことから、と言われています。
築80年の京町家、富小路通SALONの土間に置かれた竹樋(たけどい)の中を流れるそうめんをお箸ですくって食べる、夏の食文化を体験してみてください。
暑さの厳しい京都で体験する「流しそうめん」。涼を得るには格別の方法です。
楽しく心もお腹も満たされて、夏の暑さを忘れること間違いなしです。

期間:8月11日(日)~8月31日(土)
時間:11時~15時30分(ラストオーダー15時)
場所:富小路通SALON(TOMI II南隣)
価格:800円(税込)